2010年04月14日

大型スクーターでひったくり=被害品の処分役複数か−容疑の31歳男逮捕・警視庁(時事通信)

 大型スクーターで追い抜きざまにバッグを奪い、女性にけがをさせたとして、警視庁捜査3課などは13日までに、強盗致傷容疑で、横浜市旭区市沢町、会社員邑井祐介容疑者(31)を逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。
 同課は同日までに、東京都内の金券ショップで偽名を使い、別の被害者からひったくった商品券などを換金したとして、詐欺容疑などで、同容疑者の元同僚でアルバイト店員の稲沢晋容疑者(30)=新宿区北新宿=も逮捕。ほかにも複数の処分役がいたとみて捜査している。
 同課によると、渋谷区や目黒区などでは昨年7月中旬以降、黒色の大型スクーターを使ったひったくり約50件(計350万円相当)が発生しており、関連を調べている。 

【関連ニュース】
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑
通帳詐取容疑で会社社長を逮捕=30口座以上を売却か
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円

「変わる意思なければサッサと辞める」幹事長代理就任で河野太郎氏(産経新聞)
居酒屋ねらって空き巣 男を逮捕(産経新聞)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
<情報公開>「行政透明化検討チーム」設置へ 15日初会合(毎日新聞)
進次郎氏も三原じゅん子を歓迎「しごきはボディーに」(スポーツ報知)
posted by ヤジマ マコト at 02:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

ペット葬儀、トラブル多発「法規制必要」(産経新聞)

 ペットブームが盛り上がるとともに、ペットの葬儀をめぐるトラブルが後を絶たない。供養せずにゴミとして処理したり、高額請求をしたり。“家族の一員”として供養したいという愛情につけ込んだ悪質な手口もみられ、同業者からは「業者の登録制度などの法整備を進めるべきだ」との声が上がっている。

 国民生活センターによると、ペットの葬儀トラブルが目立ち始めたのは4、5年前。「愛犬が死亡し、葬儀会社に依頼したが、火葬の現場も見ておらず、本当に自分の犬の遺骨か分からない」(首都圏、60代女性)「火葬中に当初の5倍の金額を請求され、『支払わなければ遺骨は返さない』と脅された」(同、30代女性)などの相談が寄せられた。

 矢野経済研究所などによると、ペット業界の平成20年度の総市場は約1兆1400億円で、うち葬儀関連は250億円を超える見通し。全国には1200社ほどの業者が乱立し、増加傾向にあるという。

 ペットの出張火葬を行う業界団体「日本ペット訪問火葬協会」(東京都世田谷区)の藤本政光理事長によると、ペットの葬儀は住宅事情の変化などにより需要が拡大。自治体に依頼すれば廃棄物として処理され、埋葬しようにも庭がないなどのケースが増え、「家族の一員として供養してほしい」と考える飼い主が増えた。

 火葬にかかる費用は体重によって1万〜6万円が相場。供養塔などに共同埋葬する場合はさらに1万5千円前後がかかる場合が多い。火葬業者などは、悪質業者を排除しようと4つの業界団体を設立し、高額請求などのトラブルは減少傾向にあるが、埼玉の事件のような“コスト削減”を狙った不正は後を絶たない。

 一昨年9月には兵庫県宝塚市の「宝塚動物霊園」で共同墓地のスペースが足りず、埋葬料5千円をとりながら、火葬したペットの骨の一部を土嚢(どのう)袋に入れて放置していた問題も明らかになっている。

 こうした問題について、ペットビジネスコンサルティング業「JPR」(横浜市)は、「生きているペットを扱う業者は許可が必要だが、葬儀業者には必要なく、焼くだけなので参入しやすい」と指摘。これまでに参入してきた業者の中には「焼却炉や土地があり、ノウハウもある産業廃棄物処理業者が多い」と説明する。

 また、死んだペットを飼い主から集め、一度に火葬する合同葬では遺骨を返さずに霊園に埋葬する場合もあるため、「引き取っておきながら火葬せずにそのまま捨てることは可能だ」としている。

 藤本理事長は「ペットの遺棄などのトラブルは火葬場を持たない業者に多い。火葬設備の有無などを明確にするため、登録制度など、ある程度の法規制は必要だ」としている。

【関連記事】
業者が継続的に遺棄か 山中の犬100匹死骸遺棄 飯能
山中に犬100匹の死骸 大半はペットか
犬の遺体100匹捨てる? ペット葬儀業者を逮捕 埼玉県警
ペット葬儀トラブル増加 正しい業者の見極めを
「生焼けで返すぞ」悪徳ペット火葬業者トラブル急増!
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<生命の起源>アミノ酸は宇宙空間から 国立天文台など発表(毎日新聞)
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ−警視庁(時事通信)
商品にカッターの刃 都内のローソン4店舗(産経新聞)
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当−府警など(時事通信)
都立高定時制で初の追加募集 思わぬ人気に枠拡大(産経新聞)
posted by ヤジマ マコト at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

完熟マンゴー 「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)

 宮崎県特産の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが5日、宮崎市の中央卸売市場であり、2個入り1箱(約1キロ)が20万円(昨年は7万500円)の高値を付けた。一方、昨年20万円だった東京市場は2万円だった。

 「太陽のタマゴ」は糖度15度以上、重さ350グラム以上などの基準をクリアした希少品。東国原英夫知事のトップセールスで一躍、全国区に。

 20万円で落札した新富町の卸売業者「広瀬」の立本昭太さん(27)は「知事頼みでなく、やっぱり地元が力を入れて応援しないとね」と県外のご祝儀相場が落ち着きをみせる中、生産者を後押し。

 出荷のピークは5月下旬〜6月下旬ごろ。昨年より約188トン多い約777トンの生産を見込む。

【関連ニュース】
県:アンテナ店、福岡で24日開店 /宮崎
東国原知事:就任後の経済効果1493億円 「県民の努力の結果」 /宮崎
東国原・宮崎県知事、橋下・大阪府知事を表敬訪問
完熟マンゴー:甘み上々 日南・南郷町で収穫始まる /宮崎
工藤綾乃:東国原知事は「テレビで見るまんま」 宮崎初の国民的美少女が表敬訪問

<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
死刑通告「大変残念」=鳩山首相(時事通信)
勝連半島沖への移設反対=地元市民団体−普天間問題(時事通信)
訃報 後藤悟さん81歳=立行司の第28代木村庄之助(毎日新聞)
小沢氏、複数擁立ほぼ完了 共倒れか票上積みか 参院選(産経新聞)
posted by ヤジマ マコト at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。