2010年06月16日

<はやぶさ>まもなく帰還 午後10時50分ごろ大気圏突入予定 はやぶさは燃え尽き“流れ星”に(毎日新聞)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】人類初の小惑星からの岩石採取に挑み、小惑星との往復飛行を成功させた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ」が、13日深夜に地球へ帰還する。

【写真、図説特集】小惑星探査機「はやぶさ」 地球へ帰還

 はやぶさは13日午後10時50分ごろに大気圏へ突入。カプセルはウーメラ砂漠へ着地、はやぶさ本体は耐熱構造になっていないため燃え尽きる。

 カプセルは、電波と大気圏突入時の光跡を手がかりに探索する。カプセルは、高度10キロで耐熱素材のカバーが外れてパラシュートが開き、探索用の電波の発信が始まる。JAXAは、着地予想地域を取り囲む形で、電波をとらえるアンテナ、光跡を観測する撮影装置を各4カ所設置、それらの情報から着地点を推定する。着地すると、ヘリコプターから赤外線カメラで観測し、大気圏突入に伴う熱を伴った物体を探す。さらに翌朝から、ヘリで本格的な探索を始める。

 JAXAによると、14日中にカプセルが見つかれば、最速で18日に日本へ到着する。電波が出ないなど手掛かりが少ないと、探索まで数日以上かかる可能性があるという。

【関連ニュース】
質問なるほドリ:「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?=回答者・はやぶさ君
はやぶさの贈り物:2010年宇宙の旅/1 仕事なく自暴自棄…「不死鳥」と出会い
知りたい!:小惑星探査機13日帰還 はやぶさ君、人気急加速 数々の危機克服に共感
はやぶさ:地球帰還前に、ツイッターで「あかつき」「イカロス」らにお別れ

早朝の住宅火災、焼け跡から姉妹2人の遺体(読売新聞)
喫煙する父を持つ娘の85%が「吸わないで」(医療介護CBニュース)
火災 焼け跡から子供3遺体 北海道・苫小牧(毎日新聞)
読売・吉野作造賞に細谷雄一氏(時事通信)
陸自ヘリ、今秋派遣 スーダンPKO、月内に準備命令(産経新聞)
posted by ヤジマ マコト at 09:55| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。